高級人妻デリヘルを利用してはや10年 – 口コミ(体験談) – GISELE(ジゼル)

未分類

お店ページはこちら
https://pop-deli.com/shop.php?code=vip-gisele

熟女人妻一択のデリヘル遊び

私は30代半ばの都内で働く営業マンである。それなりに仕事も順調で彼女もいたりいなかったり一人暮らしを満喫している。今まで付き合った彼女は同年代か年下ばかりなのだが、本当は私は年上の女性が好み。40歳以上の大人の女性を見るとムラムラしてしまうのである。これは性癖なのか…。

この衝動は20代の頃からあり、20代半ばあたりから人妻デリヘルを使い熟女達と戯れてきた。普段は自分のブログでデリヘル体験記を書いているのだが、今回は縁あってこちらに投稿をさせてもらう。

20代の頃はさすがにお金がそんなになかったため、普通の人妻デリヘルを使っていたが、30代に入りお金に余裕ができてからは高級人妻デリヘル専門になった。

GISELE(ジゼル)さんもよく使わせていただく高級デリヘルの1つで、素敵なマダム達が多数在籍している。

今回は40代半ばのYさんを指名した。高身長で美しいマダムを想像している。今回は渋谷のホテルを予約したため、早めにチェックインしてマダムを待つことにした。

 

モデルのようなプロポーションと上品な顔立ちのマダム

ホテルの扉がノックされてYさんが到着。都内はとても寒く、Yさんはロングコートにダークの手袋をした出で立ちだ。とても上品な装いでお顔も美しいの一言である。

Yさんは「初めまして」とニコッと微笑んで入室。Yさんの身体が寒くなっていたので温かい紅茶を入れて一緒に飲んだ。

大人の女性と一緒にいると自然と心が落ち着く。その空気感がなんだか安心するのだ。

紅茶を飲んで身体が温まったYさんは、普段のプライベートの話をしてくれた。結婚をしているらしく、旦那さんは10個以上年上。ここ数年セックスはまったくなく、刺激がほしくデリヘルをやっているらしい。そんな話を聞いたら俄然興奮してくる私。欲求不満なセレブ奥様を自分のテクニックで感じさせて満足させるのが性癖だからだ。

さっとシャワーを浴びて、部屋を少し暗くしてベッドで待つ。タオルを身体に巻いたYさんがシャワー室から出てくると、遠目から見るそのプロポーションの良さに驚愕した。40代とは思えない引き締まった脚と腕、腹筋も薄っすら割れていて抜群のスタイルだ。

Yさんをベッドに倒しタオルをはぎつつ優しくキスをする。ロングヘアーの美しい髪を撫でながら濃厚なキスの時間は続いた。Yさんはキスをしながら興奮してきたのか、「あぁっ、んんっ」と声を出して感じてくれる。

私はYさんの美しい首筋をリップし、耳に優しくキスをするとYさんは「あんっっ」と喘ぎ声をあげた。Yさんは耳が性感帯のようで、Yさんの身体は一気に熱くなってきた。

耳や首筋を攻めながらおっぱいに手をやり、やわらかい乳房を激しく揉む。そっとYさんの陰部に手をやると、すでにびしょびしょに濡れていた。耳と首筋を刺激した時点でかなり濡れていたようだ。とても感じやすいYさん。最高に興奮させてくれるセレブだ。

私の興奮度は最高潮に達し、Yさんのびしょ濡れのおまんこをクンニする。自分の唾液とYさんのマン汁でYさんのおまんこはさらにぐちょぐちょに。指を入れてGスポットを刺激すると大胆に潮吹きした。

感じすぎて疲れたYさんのようだが、間髪無くフェラチオを要求。大人の女性に半強制的にフェラチオをさせ、その顔を見て楽しむことが私のもう1つの性癖でもある。

頭を掴みながら激しく前後してフェラチオをさせる。Yさんも少し苦しい顔をしつつ楽しんで興奮しているようだ。

最後は立ちバック素股でスタイル抜群なYさんを後ろから付きながらフィニッシュ。お互い大満足なプレイになった。

これだから高級デリヘル遊びは辞められない。これからも美しいエロマダムに出会えることを楽しみに高級デリヘルライフを楽しむとしよう。